母が認知症と癌になった54

先日節分の日に母は誕生日を迎えました!(^_^)/
89歳です。
病院の中ですが、無事迎えられました。

プレゼントはハンカチ2枚です。
もうバッグもアクセサリーも付ける機会が無いですから。
手首や首に巻くブランドの大判ハンカチだと
寝たきりにでも使えます。
可愛いリボンを付けて貰いました。

今回『死』と向き合って色んな発見が有りました。
母が癌と分かってから何が必要か?
何が嬉しいか?
それってお金で買えるもの?
棺桶に持って入れるもの?
等、母と一緒に考えて来ました。

結局『愛情』が必要という事です。
ヘルパーさんも訪問看護士も
お金で手にいれられますが
それだけでは足りないようです。
お世話してくれる時間も数時間ですしね。

入院しても四六時中お世話、という訳にはいきません。
母はナースコールを頻繁に押す人でした。
今はその力も有りません。

数ヶ月前まで私が外に買い物に出かけたり
大阪に行ったりすると2時間おきに電話が有りました。
何度も「いい加減にして!一度聞いたら分かるから」
と喧嘩をしました。
「自転車の乗っている時も電話に出ないから」と。

2ヶ月程前から電話魔がおとなしくなりました。
「やっと分かってくれたんだ」と思いました。
しかし違ったんですね。
それをする気力も体力も無くなって来てたんです。

それが後から分かった時は号泣しました。
「ごめんね、ごめんね、
早く気がついてあげなくてごめんね(T_T)。
しんどかったんだね、辛かったんだね。
ごめんね、ごめんね・・・」

母は私が本当に苦しい時に助けてくれました。
なので今度は私が助ける番です。

毎日面会に行ってますが
「優しいね」と言ってくれるようになりました。
昔だったら「当たり前の事でしょ!」と言ってただろうに。
母は変わりましたね。

お金では買えないもの。
『死ぬ』と分かった時、他人の行動。
今回、色んな事を母と経験させて貰ってます。
スポンサーサイト

テーマ : 病気と付き合いながらの生活 - ジャンル : 心と身体

母が認知症と癌になった53

むふ、初めて実家から書きます。
まぁ、IDとPWさえ分かれば出来るっちゃあ出来るんですが
今までしませんでした。
だけど、あまりにも記録を残さない日が続いたので
外部から入って書く事にしました。

さて、母の件なんですが
去年の末から頭がおかしくなってました。
幻視や幻聴もあり
行動も奇行が時々有りました。

足や手もむくんで来ました。
じっとしてれば良いのに何故か
何度もベッドから落ちます。
私は頚椎症なので腕が痛く、
何度も母をベッドに運ぶのは辛かったです。

話も時々ちゃんと会話が成立しますし
どうなってんだ?って感じでした。
しかし、2年程前に肺炎の重症になった時も
認知症のようになっていたので
「ま、こんなもんか」位に考えていたのですが・・・

実は胃線癌が食道の方に進み肺に穴を開け
食物が流れ込み肺に水が溜まり
腎臓も悪く、尿が排出されにくくなり
麻薬系のお薬が体に蓄積していたようです。
なので奇行に拍車がかかったようです。

年末はずっと傾眠してました。
今年に入って手のむくみが酷くなって来たので
救急車を呼びました。
訪問看護士さんに相談し、お電話を頂いた事も
背中を押してくれた要因になります。

病院に運ばれたら色々検査されました。
私はもう母に入退院は慣れておりますので
後からタオル等持って向かいました。

すると・・・ICUでした。
母は39度の熱でうなされていました。

医者から説明を聞いて
もう泣いて泣いて泣いて9時間傍にいました。
「親戚の人に連絡を」と医者に言われたので
真っ先に兄へ連絡したのですが、着信拒否でした。
信じられません。
学校の先生なのにね。

あれからもうすぐ一ヶ月。
そして2月3日は母の89歳の誕生日です。
今は37度代にまで熱が下がりました。

そして何とICUを出る事が出来ました。
よく頑張ったね、お母さん。
偉かったね、お母さん。

母が認知症と癌になった52

久しぶりのblogです。
これ、大阪に戻った時にしか書いてませんので。

っで去年の年末から今年にかけて
母の容態が悪く、大変でした。

今年に入って入院し、ICUに入りました。
集中治療室ですね。
医者に
「よくこんなになるまで自宅介護してましたね。
親戚の方が来られるなら今の内に」
と言われました。

ずっと9度の熱が続きました。
一旦下がっては又上がったりと気を抜けません。

今はやっと7度台にまで下がりました。
そしてICUから療養室に変更です!
母は良く頑張ってくれました。
今まで何度も難関をクリアーして来ました。
母は強運の持ち主です。

私は毎日面会して顔を拭き
体を拭いてから手を握ってます。

母が認知症と癌になった51

久しぶりのブログです。

母の容態なんですが、
一度喉詰まりを起こし救急車に乗りました。
私が呼びました。

それが~(^_^;
夜中に盗み食いしたおにぎりのお米が
喉に留まっていたようで、
お水でふやかして吸引したら終わりでした。

2~3日喉詰まりを起こしたら
病院に行こう!と思ってたんですが
土日をはさみ、5~6日苦しそうだったので
病院に行ったのですが・・・。

一週間入院予定のつもりが
翌日退院でした。
良かった良かった(笑)。

けど私の介護生活が又復活致しました(^_^;

テーマ : 在宅介護 - ジャンル : 福祉・ボランティア

母が認知症と癌になった50

母の調子はまぁまぁです。
今回は介護をしている私のお話しです。

やった事のある人だと分ると思うのですが
それなりに腹が立ちます(笑)。
そして喧嘩をしてしまいます。
そして言い過ぎたと罪悪感に襲われます。

喧嘩の原因は
母がほったらかしにしていた
植木鉢を一部整理したから。
皆枯れているのに。

母はもう数歩しか歩けません。
そして癌末期です。
「アホとちゃうか?私は」と
何度も反省してしまいます。

親子なのでお互いすぐに許します。
お互いがお互いを必要をしていますし
やっとお互いを認め合っております。
でもつい・・・あかんなぁ。
ごめんね、お母さん。

テーマ : 在宅介護 - ジャンル : 福祉・ボランティア