母の満中陰法要(49日)が明日きます。

今日はCAD試験対策と基礎コースの授業でした。
明日は母の満中陰法要です。
親戚は仕事が入っているそうです。

私の方からお寺に行く予定でしたが
「魂が飛んでしまうから駄目」との事。
引越先に念を送ってくれるそうです。
一旦拝んで頂き、
引っ越した先で又、拝んでくれるそうです。
勿論、追加有料で(^_^;。

納骨も一気に終わるのかと思ってましたが
石に名前を彫ってからだそうです。
又、お金がとぶ・・・。

凄いですね、冠婚葬祭の費用って。
式が終わってからも病院の支払いも含めて凄い。
お坊さんへのお布施は式とは別なんですよね。
いつになったら支払いが終わるのか・・・。
なんか身ぐるみ剥がされているようです(^_^;。

まぁ、母がちゃんと残してくれていたので
今のところ何とかなってます。
母に感謝です!
本当に感謝です。
有難う、有難う、本当に有難うm(_ _)m。
偉大です。

でもね、母が『癌』だと分った時から
自分の家を売ろうか、と腹をくくってたんですよ。
新薬も話題になっていたし。
勿論保険は効きません。

「さぁ、今から長い戦いが始まるぞ」
と思いました。
私は派遣先のキ○ガイおじいさん3連発で
人が怖くなっておりました。
心が傷だらけでおりました。

母は「働かんでええ!
お母さんが一生面倒みたる!
もう泣くな!!」と言ってくれました。
あの時は本当に嬉しかった。
一生恩は忘れませんm(_ _)m。

私も全てを介護に向ける事が出来ました。
あれから2年です。
全面に介護が出来るよう頸椎症の手術もしました。
目的は『母をおんぶできるように』と書きました。

結果、おんぶは無理でしたが
介護はかなり出来たと思います。
受話器持つのも辛かったからね。
(今、又再発してるけど・・・)

遺品整理をしてたらポチ袋が沢山出て来ました。
何かにつけて誰かにお小遣いをあげる為です。
色んな人からの思いやりの手紙も大切に残しています。
カレンダーやノートに日記が書かれています。
「今日も一人」とか。
ごめんね・・・。

電話魔でしたので電話帳は真っ黒です。
「二度とかけるか!」と消したのでしょう。
私は必ず折り返し電話をしましたし
病気になってからは毎日40分電話をしました。
少しは満たされたでしょうか?

「K子だけや。頼れるのはK子だけや・・・」
と最後はお坊さんにまで電話をしていたようです。
それと同時に
「この子が心配や。残されたこの子が心配や」
と病院の先生に言っておりました。

もしかしたら兄にも言っていたかもしれません。
何と電話帳には既に母が兄の電話番号を
赤線で薄く消していました。
真っ黒では有りません。
いつからでしょう・・・。
知らんかった。

母は怒るばかりの人でしたので
(根は優しいのですが)
どうしても回りの人は逃げる事を考えます。
そうすると母の心は更に満たされません。

「帰ったらあかん、帰ったら・・・」
と何度も言われました。
「明日又来るって」
「うそや、逃げるつもりや」
「逃げてへんやん、今日も来てるやん」

見捨てられ不安でしょう。
姉妹では末っ子だったので。

だけど私が頼りないので
最後にはしっかりして来ました。
お互い助け合っていきました。

バイクが届いて最初に乗った日に
信号待ちしていたら
見知らぬおじさんの怒られました。
自転車に乗って後ろからぬっと顔を覗かれ
「路肩に上げてそんな停め方してええんか!」と。
すぐバイクのスイッチを切りました。

それを母に言ったら
「誰や、誰に怒られたんや!」
とビクッとしてました。

「知らん人。いや私が悪いねん。
信号待ちで皆ぐちゃぐちゃになってたんやけど。
今日、初めて一人で乗ってすぐやったから怖かってん」

母は自分が死にかけているというのに
娘が見知らぬおっちゃんに怒られたら
やはり「なぬっ?!」となるようです(笑)。
母ですね(^_^)。
最後の方は本当に心が通じるようになりました。
やっとです。

さてさて49日はまだ現世にいるそうです。
遺品整理もしてるのでよく話しかけます。
独り言が多くなりました。
引越しの準備もあるしね。

明日から魂は少し離れるだろうけど
ちゃんと納骨するし
おばあちゃんの所へも分骨するからね。
その度にお金かかるけど(笑)。
もう底ついちゃうよ(^_^;。

じゃあ、そろそろ帰るね。
バイビー。
スポンサーサイト

テーマ : 在宅介護 - ジャンル : 福祉・ボランティア