スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母が認知症と癌になった45

末期の胃線癌である母の食道に設置した
筒状のステントが胃に落下している事が分りました。
貧血も酷く出血しているようです。
3回設置して合計20cmもあります。
取るのか取らないのか、
取らないのなら退院して欲しいとの事。
退院するのなら家か転院かも
決めなければなりません。

ちなみに母は輸血をしたところ、
すぐ元気になり食事もとれるようになりました。
しかし足の痛みは取れません。
この『輸血』も延命治療になるようで
「これを繰り返すのですか?」
と医者から言われました。
貧血と言われ
「何故輸血をしないのですか!?」
と言った後、翌日にした理由が分りました。

母は抗癌剤を一切使用しておりません。
放射線もです。ステント設置後、
抗ガン治療をすると言っていたのですが
「お母さんにどうして欲しい?」に対し
「苦しんで欲しく無い」
と言ったせいかもしれません。
結果、一年を超えています。
その上、癌が少し小さくなり
ステントが胃に落下しました。
奇跡です。
スポンサーサイト

テーマ : - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。