FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母が認知症と癌になった53

むふ、初めて実家から書きます。
まぁ、IDとPWさえ分かれば出来るっちゃあ出来るんですが
今までしませんでした。
だけど、あまりにも記録を残さない日が続いたので
外部から入って書く事にしました。

さて、母の件なんですが
去年の末から頭がおかしくなってました。
幻視や幻聴もあり
行動も奇行が時々有りました。

足や手もむくんで来ました。
じっとしてれば良いのに何故か
何度もベッドから落ちます。
私は頚椎症なので腕が痛く、
何度も母をベッドに運ぶのは辛かったです。

話も時々ちゃんと会話が成立しますし
どうなってんだ?って感じでした。
しかし、2年程前に肺炎の重症になった時も
認知症のようになっていたので
「ま、こんなもんか」位に考えていたのですが・・・

実は胃線癌が食道の方に進み肺に穴を開け
食物が流れ込み肺に水が溜まり
腎臓も悪く、尿が排出されにくくなり
麻薬系のお薬が体に蓄積していたようです。
なので奇行に拍車がかかったようです。

年末はずっと傾眠してました。
今年に入って手のむくみが酷くなって来たので
救急車を呼びました。
訪問看護士さんに相談し、お電話を頂いた事も
背中を押してくれた要因になります。

病院に運ばれたら色々検査されました。
私はもう母に入退院は慣れておりますので
後からタオル等持って向かいました。

すると・・・ICUでした。
母は39度の熱でうなされていました。

医者から説明を聞いて
もう泣いて泣いて泣いて9時間傍にいました。
「親戚の人に連絡を」と医者に言われたので
真っ先に兄へ連絡したのですが、着信拒否でした。
信じられません。
学校の先生なのにね。

あれからもうすぐ一ヶ月。
そして2月3日は母の89歳の誕生日です。
今は37度台にまで熱が下がりました。

そして何とICUを出る事が出来ました!
毎日、氷を含ませたシートを口に入れた甲斐が有ります。
よく頑張ったね、お母さん。
偉かったね、お母さん。
スポンサーサイト

テーマ : 在宅介護 - ジャンル : 福祉・ボランティア

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。