FC2ブログ

母が認知症と癌になった55(母の死)

本日2018年2月26日、朝4時23分
母が永眠致しました。

朝、、病院から携帯に電話が有りました。
昨日から尿が極端に減り意識も混濁しておりました。
でも、いつも何度も今までは乗り越えて来たんだけど
今回は駄目でした。

お尻の褥瘡(じょくそう)が痛く苦しんでおりました。
数日前に先生から呼び出しが有り
本日から血圧低下、尿の減少、意識の混濁など
危篤状態で後、数日とは聞いていました。

今年に入って39度の熱に数週間うなされ
体力が無くなっておりました。
むくみも有りました。

それが毎日氷やお湯をクッキングシートに湿らせ
口に含ませると、どんどん顔がすっきりして
熱が下がって来てたんですね。

病室に入ったらまず母の名を呼びながら
ほっぺたを触ります。
熱の確認ですね。
そしてクリームで全身マッサージです。
なので肌はつやつやです。

毎日やっているともう手のひらで微熱の具合が分ります。
それが・・・最後の日はほっぺたがどんどん冷たくなって行くんですね。
「お母さん、熱は下がって欲しいけど下がり過ぎやで。」
私の手のひらがはっきりと感触を掴むのです。
「お母さん、寝てばっかりやね」
「お母さん、もう痛くない?苦しくない?返事は?」
「お母さん、お母さん・・・」と
私は今まで何度「お母さん」という言葉を口にしただろう。

今、私は大阪に喪服を探しに来ている。
太ってしまって殆ど入らない(^_^;。
初めての喪主だ。

母は安置室に寝ている。
明日はお通夜で明後日11時半からお葬式。
母が生前から希望していた事を一つ一つ形にしている。
会場や写真や着物や分骨や・・・。
母自身が生前の時から色々動いていた形跡が有る。
部屋を片付けていても分る。

お母さん、荷物多過ぎですよ(^_^;。
片付けても片付けても減らない。
引越し屋さんに見積もって貰ったら100箱だって。
私、やる事多過ぎです。
見守っていてね。

お母さん、お疲れ様です。
私がちゃんとお母さんの頑張って来た事を分っているよ。
誰よりもちゃんと分っているからね。
頑張ったね。偉かったね。

「お母さんの為」で何かをしている時って楽しかったよ。
誰かの為、の「誰か」がいるのって良かったよ。
この2年間、毎日電話したり毎日お世話して来た。
ちょっと疲れたけど良かったよ。

お母さんも「有りがと!」って言ってくれたし。
明後日になると母がいなくなるって嘘みたいだ。
父の時も「長い出張に出た」と思って受け止めなかった。
今もだ。
「お母さん、起きや。寝てばっかり・・・(^_^)。
あんまり寝たら夜寝られへんよ」
って生前から何回言ったやろ。
今もだ。寝てるみたい。

お母さん最後まで頑張ったね。
もう痛くないよ。
ゆっくり寝てね(^_^)。
スポンサーサイト

テーマ : 病気と付き合いながらの生活 - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)